困っている人を見ると・・・

助けてあげたくなる性分でして (^^;


本日朝一番目のお客様・・・

「あのぅ・・・PDFの印刷って出来ますか?」

いや・・・あの・・・当店ではデータの出力サービスと言うのはやっていないんですよ。
コピーのみ、セルフサービスになっているんです。

そこでPDFならコンビニのマルチコピー機で出力できますとの旨をお伝えしたところ
既にコンビニを数件回ってきたのですがデータが大きすぎて出力できなかったとの事・・・。

取り合えずかなりお困りの様子。

自宅で印刷しようにもページ数の多さに加え、それを両面の印刷というのはかなり面倒でして
これをどこかで何とかできないでしょうかと。
この界隈にそんなサービスをしてくれるところは流石に無いと思うんですよ・・・

いや・・・しかし・・・・・・・・・


ええい!メニューに無いなら作れば良いんだ!



幸いにも当店のコピー機はLANによりパソコンに接続されておりますので
どんなデータでもパソコンで読み込めれば印刷自体は問題なく出来るはず。
問題は両面印刷で上手く原稿を出力できるかどうか!?

兎に角データを確認させていただくと・・・50M超えのPDFデータ 汗
中身は・・・ページ数なんと446ページ!
何でもある学会の資料だとか 汗


パソコンで問題なく開く事が出来たので両面印刷にチェックを入れていざ印刷!

「ぽちっとな!」



うぃ~ん・・・







ぴーぴーぴー。




紙が詰まっちゃいました (^^;

朝一番で機械が暖まってなかったからでしょうか、紙が詰まる詰まる 汗
両面印刷の場合一度印刷した紙を再度吸い込んで、裏表を入れ替えて再度印刷というプロセスを行うので
紙や機械のコンディションによりこういう事が起き易くなるようなんです (^^;
DSC_0046.jpg

給紙方法を変えたりしてなんとか順調に連続印刷をするようになりました。
しかし・・・当店のコピー機は旧式故に裏表印刷は時間がかかるんですよ orz

なんだかんだで詰まりの解消などもあって50分くらいかかってしましましたが何とか印刷完了。
お客様には本当に助かりましたと仰っていただけました。


問題はお代金・・・。
印刷代金自体はA4サイズ・モノクロ・両面印刷という事で1ページにつき5円。
印刷手数料ですよね・・・・・・・・・


お客様と「どうしましょうか?」なんて笑いながら値段設定?
以下のようにしてみました。

1つのファイルから
1枚~200枚は100円
201枚~400枚は200円
401枚~600枚は300円
601枚~800枚は400円
             以下続く


ファイル数が増えると占有時間が増えてしまうのでこんな感じでしょうか。
今回の場合は1ファイルから446ページなので印刷代にプラス300円。

ファイルの種類はPDF、ワード、エクセル・・・ぐらいでしょうか?
ただ、エクセルやワードはバージョンによって開けなかったり、
ズレが生じる可能性がありますので要相談という事でお願いいたします (^^;


朝一番から頭を使ってしまいました(笑)
本日は締め日&棚卸ですので少し頭を休めてから作業するとしましょう、うん。
スポンサーサイト

飾ってあるからこそ・・・。

ここのところ遺影の色あせの修復作業や、
同じく遺影の作り直しというお仕事をいくつか承らせていただいております。

長年鴨居のところに飾ってあるからこそ色は褪せてしまった。、

お葬式のときは慌てて写真を選んでしまったが毎日見る写真なので
あとから出てきたより良い写真で作り直したい。


どちらも本当に飾ってあるからこそだと思うんです。


さて・・・そんな中で遺影用の額をお預かりしたのですが・・・
DSC_0033.jpg

凄い事になってました (^^;

これも飾られてあるからこそなんですよね・・・
お煙草であったり、油であったり、それに埃が付着して固着してしまうんです。
今回の場合額の縁も含めて全体が茶色く変色しておりました。

毎日見ていても徐々に汚れていく分には案外気が付かないのかもしれないですね・・・
折角綺麗にお作り直したお写真を入れるわけですからこちらも綺麗に洗浄させていただきました (^^;
なんとかガラスの透明度と縁の光沢を蘇らせる事が出来ました。

これでまた永く飾ってもらえるようになりますね♪

流石に額のお作り直しなどは出来ませんがお写真共々、額のリフレッシュなどもご相談ください。


また遺影に関わらずお写真の修復や修整を承っております。
内容によっては少々お時間を頂戴いたしますがひとつひとつ手作業にて
丁寧にお作りさせていただいておりますので何卒ご容赦下さいます様宜しくお願いいたします。

実はこういう作業は好きだったりするきーさんでした! (^^)

作品づくり

以前より幾度と無く色について書かせていただいておりますが
芸術の秋たるこの季節、やはり色は大事だなとしみじみ思うわけでございます。

SMPTE_COLOR_BAR_75.jpg


先月からここ最近にかけて県展や市展、はたまた個人の写真展に出品する為のお写真を
大判サイズにプリントして欲しいというご依頼が沢山ありまして。

そういったお申し出を頂いたお客様がお持ちになられたデータは
まずL判ないしKG判サイズ、
補正なしでプリントさせていただきます。

※勿論プリント代金は頂戴いたします (^^;

当然ですがご自宅で補正などをされた場合、ご自宅のモニタで見る色と、
当店のプリンタの表現色が同じであるという可能性はきわめて低いんです。
得てしてご家庭のモニタは明るめに、かつコントラストが高めの場合が多いんです (^^;

モニタ環境が違うデータでは当然プリントされる色味などが全然違ってきてしまいます。
ですのでまずは「補正なし」の状態で当店標準プリントをお作りするわけです。

そして出来上がったプリントを見て色味であったり、コントラストの具合であったりを見ていただき、
必要に応じて補正作業を行い再度プリントをさせていただきます。

補正後のイメージが思っている通りになっているかどうかを確認していただいて
それから初めて大判プリントをお作りする作業に入らせていただきます。

実に3度のプリントを経て作品が仕上がっているわけでございます (^^;

ラボさんによっては「プロプリント」だとか「手焼きプリント」と銘打っている場合があり、
同じサイズで色見本を出したりされる分お値段が高くなってしまうのもお判りいただけるかと思います。

作品のイメージを描いていらっしゃるのはお客様だけなんです。
そのイメージをお伺いして可能な限りイメージに近づけるのが当店におけるきーさんのお仕事です♪

まぁきーさん自身も写真を撮る人ですから
お客様の持っておられる映像をイメージし易いという点はありますが♪
腕によりをかけてお客様のイメージ通りのプリントが作れるように頑張っております (^^)


しかし作品ともなれば色だけの問題ではないわけでして。
どのカットを選ぶか、トリミングはどうするか・・・などなど色々ご相談を承る事がしばしば。
作品を作るために悩んでおられる方のお力になれるのは嬉しいものですから
きーさんも全力で対応させていただいちゃいます。

しかし・・・問題があるとすればきーさんとお客様で作品づくりについて喋っていると
きーさんの意見がお客様の作品を侵食してしまう可能性がありますが(爆)

先日も焼き色とトリミングに悩んでおられた方が居られまして。
「いっそのこともっとこう・・・濃度をこうして・・・こう、大胆にトリミングしてみては?」と
画面でお作りしたイメージを見てお客様の目から鱗、コロンブスの卵?
きーさんの作ったイメージを物凄く気に入ってしまいそのまま大判プリント。
それを地元の文化祭に出されたところ結構な評判だったそうで・・・ (^^;

写真を撮ったのは紛れも無くお客様ご本人ですが、きーさんが口を挟んだせいで
お客様の持ち味を奪ってしまったのではないかとちょっと気がかりでしたが・・・
お客様はお客様で「いやいや変わるもんだねぇ~」なんてご機嫌でございました。
良いやら悪いやら・・・? (^^;


大型店舗では出来ない「写真のよろずや」を目指す当店だからこそのメリット?
作品作りで悩んでいる方、きーさんの辛口(?)な作品論でよろしければご相談承ります。
勿論作品に関わらず単純にお写真の事で悩んでいる事があれば是非ご相談ください♪

お写真に悩むあなたのご来店をお待ちしております (^^)

能力不足 (^^;

先日、英会話塾の先生や生徒さんたちとの交流があった日があり
英語が喋れれば役に立つんだろうなぁ・・・



と思っているとそういう機会があるものでして (^^;


開店して間もない時間帯にお二人の外国からのお客様がご来店されまして。
容量の大きなSDカードを求めてこられたんです。

恐らく人生において最も英語が出来たのは中学校くらいのことなきーさん。
今はさっぱり (^^;

ただありがたい事に比較的単語は聞き取れるんです。
単語さえ聞き取れれば何とか伝わるものでございます。
勿論相手の方も何とか伝えようとしてくださっているおかげ理解しやすいんでしょうが。


当店でSDカードの取扱いはある事には有るのですが・・・容量の少ないもののみ。
そう、逆に今では手に入りにくくなってきている容量のものしかなく、かつお値段が高めなんです (^^;
IMG_7393.jpg

折角旅行に来られたわけですから今後も恐らく沢山の枚数を撮られることでしょう。
そうなるとやはり容量は多めのものが良いですよね・・・。

売っているお店はないかと仰るので・・・
一番確実な500mほど先にあるスーパーの中にある電機屋さんを説明・・・したいのですが
英語力があまり無いきーさんとしてはなかなかどうして説明しにくい訳でして。

なのでパソコンに向かってそこまでの地図とストリートビューから建物の外観、
開店前だったので開店時間とフロアとお店の名前を書いてお渡しさせていただきました。

あとはもう、ひたすら知っている単語とジェスチャーの繰り返し (^^;
何とか理解しようとしてくださるので文法は無茶苦茶でも伝わるものですね。

最終的にはとても喜んで電機屋さんに向かわれましたが・・・
きーさんがPCに向かって地図を出力したりしている間さぞかし不安だったんじゃなかろうかと。
そういう合間に一言でも喋りかけてあげる事が出来れば
きっとそういう不安も取り除いて上げられたかと思うのですが・・・難しいものですね orz


そしてそのお客様がお店を出てしばらくした頃に
いつも当店をご利用いただいている常連さん(日本語ペラペラのアメリカ人)がご来店されて
そんな事があったんですよ・・・もう少し早く来てくださっていたら良かったのですがと言うと
「言葉なんて通じなくても親切にしてもらえたならそれだけで十分だと思いますよ」
とても流暢な日本語で慰めて(?)いただきました (^^;

とはいえ、やっぱりもう少し英語が喋れるようになりたいですね orz



そして「コンビニに売っていませんかね?」と
すぐそこにあるセブンイレブンを指して言われたりして(爆)
良い話で終わればいいものをオチを付けてしまうきーさんでした orz

・・・・・・・・・ま、まぁでも電機屋さんのほうがきっと安いはずですし・・・ね (^^;
今度コンビニに調査しにいってみよう orz

取扱注意!

お店をやっていて結構大変なのがこれ。

個人情報の管理

店頭受付機の場合、発行される承り伝票に「お名前」と「電話番号」がプリントされておりまして。
これがどんどんと溜まっていくのです。
※PrintRush機の場合はその場でプリントなのでレシート以外の伝票は発行されません。

証明写真や記念撮影を承った場合も同じく「お名前」「電話番号」は頂戴しております。
年賀状などのポストカードを承った場合の伝票にはもっと詳細な個人情報が記されております。

さらに言うと・・・
写真プリントって「お顔」という最大の個人情報だと思うんですよね (^^;
写真自体にお住まいなど重要な情報が含まれる可能性も有ります。
プリントミスしたものや、汚れなどでお客様にお渡しできないプリントが溜まっちゃうんです。
他にもお忘れになられてもう何ヶ月も引取りに来られないお写真とか・・・ orz

そんなこんなでどんどん個人情報が溜まっていってしまうのです。


結果・・・
DSC_2273.jpg
DSC_2274.jpg

こうなります orz

写真プリントに関しては日次シュレッダーで処分しているのですが
承り伝票などは一定の保管期間がある兼ね合いで簡単に処分する訳にもいかずどんどん溜まっていきます。
気が付けばこうなっているという感じですね (^^;

当店の場合ですが個人情報の処分はシュレッダーにかけられるものは日次裁断を行い、
一度に多数出た場合は直接ごみ処理場に持ち込んで焼却を依頼しております。
流石にこれだけの量をシュレッダーで裁断しようと思うと非常に時間と手間がかかりますので (^^;

事業ごみの取り扱いも26年4月より変わり処理費用も値上がりしましたけどね (T_T


ペーパーレス化が進む昨今ではありますが
「お客様の大事なものをお預かりしてお仕上げをする商売」である以上
避けては通る事のできない道なのでしょうか。

エコロジーにも貢献したいのですがなかなか難しいものですね・・・
何かいい方法が無いか、日々研究でございます (^^;

紙にも色々ありまして・・・。

いやもう、本当に紙と一口に言っても色々ありすぎまして (^^;

写真屋さんでも紙の質にうよるアレコレは本当に色々あるのでございます。

ひとつ面質に致しましても
●グロッシー(光沢)
●マット(無光沢)
●ラスター(半光沢)
●クリスタル(超光沢)
●シルク(絹目)

などと他にもまだまだ沢山あるのであります。

70年代はシルクが多かったですね・・・表面に小さな丸い凸凹が並んでいる紙ですね。
これは触っても指紋が付かないという非常にありがたい点もありましたが、
見え方によっては写真の表面に凸凹があるわけですから絵柄が変に見えてしまう事もしばしば。
発色としてはちょっと控えめになっていたのではないかな?と。

で、80年代からは一般的にはグロッシーに移行していった感じがあります。
光沢は発色が良く鮮やかに見えると言うのが利点ではないでしょうか。
ただし指紋はばっちり付きますけどね (^^;

そして観光写真や写真館で撮影した写真にはラスターやクリスタルをお使いになられているところもあります。
高級感があり、いわゆる「普通の写真」との差を付ける為にそうしているのかもしれませんね♪


当店の場合は基本記念写真であってもグロッシーでお作りさせていただいております。
やはり色が鮮やかで華やかであると言うのが理由なんですけどね。
ご希望があれば別料金にて他の面質にすることもできますが・・・言われる事はないですね(笑)



ちなみにきーさんが思いますところ、
白黒写真の場合、ラスターやマットは本当に危険。
過去に何度か使ったことがありますが・・・
まるで自分の写真の腕が上がったのかと錯覚してしまうという (^^;

イルフォードのマルチグレードペーパーの無光沢紙なんて本当に危険でした(笑)

これを5号(硬調・コントラスト高め)とかで焼くとそれはもう写真が化ける化ける・・・
何の変哲も無い普通の写真であってもこの手の紙に焼くと「作品」に見えてしまうんですよ。
暗室に篭って自分で白黒写真を焼くって本当に楽しい作業でしたね (^^;


さて、前置きが長くなってしまいましたがこの度あるルートより上記にありました
「クリスタル(超光沢)」の印画紙を入手いたしまして。
早速当店の銀塩プリンタに入れてテストをしてみたのですが・・・
DSC_0002.jpg

基準色を出すために何度かカラーチェックを
ちょっと紙が古くなっているのか全体に少し黄味がかっています (^^;

が、しかし超光沢というだけあってすっごいキラキラしております。
勿体無いですよね・・・
しかし逆転の発想でどうでしょう?
最初から少し黄色めのお写真・・・もしくはセピア調のお写真をプリントすれば問題ないわけで!?
DSC_0003.jpg


IMG_3558.jpg

元の画像がこれですから遜色ありません (^^)

というわけで色を気にしないよ!とか、むしろセピア調にして欲しい!という方!
店頭にてきーさんまでお申し付けくださいませ♪
クリスタル面質・8Pから4PWまでのお写真を通常価格の半額にて提供させていただきます (^^)
セピア調ご希望の場合加工料も込みなのでかなりお得ですよ♪
ちょっといつもと違うお写真を求めておられる方は是非ご相談くださいませ!

液晶の道は深く険しい???

身の回りではいつの間にかブラウン管は無くなり、
テレビやパソコンは勿論のこと、気が付けばあらゆる家電に液晶画面が付くように。

そして携帯やデジカメのように当たり前のように毎日液晶に接する生活になってしまっておりますね (^^;

昔は2階調の液晶だけでも凄いなと思ったものですがそれが256階調になり、
やがて1677万色を表現できるようになり、更なる高解像度化・高画質化など技術の進歩は留まるところを知りません。

液晶モニタじゃDTPはできないよ!なんて言っていた頃が懐かしいですね (^^;

本当に液晶の道も奥が深い。

そう思いましたのはきーさん、昨日仕事が終わってから家庭の買出しに出かけたんですよ。
ついでにリサイクルショップに立ち寄ったところデジタルフォトフレームの中古品がいくつか並んでおりまして。

7インチ程度のフォトフレームが箱や取扱説明書の完品のものは1500円前後、
説明書など無しのものがなんと900円で販売されているではありませんか。
ちょっと前までは説明書なしでも1200円くらいしていたのに!?

その900円コーナーの中にひとつだけ黒いデジタルフォトフレームがあり、
見てみると・・・DPF-F72というSONYの製品でした。
先日より店頭で飾っているものがイマイチ不調でしたのでこの値段なら・・・と思って買っちゃいました♪

そして本日朝からの撮影などを済ませてようやく時間が出来たのでテストしてみたのですが・・・
DSC_2606.jpg

写真では判り辛いとは思いますが・・・・・・・・・兎に角綺麗!

左に置いた白い物が今まで店頭で使っていたものなのですが・・・何というか
黒のしまりだったり、色の鮮やかさが全然違うんです 汗

どちらも2009年と随分前の製品ですし、似たようなものかなと思ったのですが甘かった。
写真そのものの見え方がここまで変わるとは思いませんでした orz
もしかして販売価格が結構違ったのでしょうか???

今までかつてプライベートで6台くらいデジタルフォトフレームを購入したことがありますが
ダントツで綺麗なのではないでしょうか???

やはり冒頭にあったとおり、奥が深い。
IMG_0393.jpg

IMG_0394.jpg


左:SONY DPF-72(web)
右:DreamMaker DMF070W(web)


うーむ・・・
店頭においておくのが勿体無くなってしまうレベル。
自宅のデジタルフォトフレームと交換しちゃおうかな?

現在店頭で使っているものも別に普段の使用に問題があるわけではないので
もう少し悩んでみたいと思います (^^;

秋の遠足シーズン♪

当店によくお越しいただくお客様の中に
当店のあるこの坂本に、生き字引的な方が居られまして。

坂本の歴史などに大変お詳しく、かつ日々勉強されており
時々その中からいくつか教えていただいております。

そのお客様が本日ご来店下さいましてお写真のプリントを承りましたところ

八王子01

このようなお写真が!!
※写真をクリックすると大きな写真になります♪

このお写真、近くにある八王子山の上から撮った坂本のお写真でございます♪
何でも今日は坂本幼稚園の園児たちが遠足で八王子山に登るという事だったのですが
いつの頃からか何故かそのお客様も引率の一人として毎年参加されることになったそうで (^^;
今年も例に漏れず登ってきたと。

この八王子山というのは日吉大社にありまして。
山王祭の午の神事にて奥の宮からお神輿が降りてくる坂のある山でございます。
手前に広がるのが日吉大社の境内ですね・・・広い!!

大人の足で片道30分と遠足にはもってこいの場所なんですね♪
今日はお天気も良かったので遠足日和だったのではないでしょうか♪

見せてもらったお写真を良く見て・・・
八王子01



あ!
八王子02


八王子03

当店発見でございます♪ (^^)

きーさんも高校生の頃に登った事があるのですが
山王祭当日の夕方、しかも大雨だったのでこの景色は眺めることが出来なかったんですよね (^^;

なんだか妙に嬉しいような?
ちょっといつもと違う気分でお写真をじっくりと見せていただいたそんな金曜のお昼の出来事でした (^^)

デジタルフォトフレーム更新作業

昨日のお菓子のPOPは無事にチェックOKを経てプリント納品させていただきました!
流石にお昼ご飯を食べた時間は随分遅くなってしまいましたが (^^;

御依頼主様も急なのに全て上手くいったと大変喜んでいただけたので良しといたしましょう♪



さて、本日は・・・
デジタルフォトフレームの更新作業 (^^;

店内にてデジタルフォトフレームを使って過去に撮影したお写真や
ご提案商品の紹介などを展示させていただいておりますが・・・

暫く更新の間が空いてしまっておりましたので追加更新でございます♪

DSC_2594.jpg

時期的に七五三のお写真は外せませんよね♪

DSC_2593.jpg

何故か?掲載していなかったお写真を追加したり。(すっかり忘れていただけです (^^;)

他にも出張撮影で撮ったお写真なども追加、随分と枚数が溜まってまいりました♪

それにしてもデジタルフォトフレームのランダム表示機能が何故か効いていない???
壊れてしまったのか判りませんが常に標準の設定「撮影日順」に表示されてしまいます (^^;
まぁ問題ないといえば問題ないのですが・・・?

デジタルフォトフレームもいいのですが最近はもっと画面の大きくて便利な
古いタブレットを使うのもアリかなと思い始めておりますが・・・・・・・・・まだまだ高いですからね (^^;
フォトフレーム代わりなら容量もそんなに要りませんので中古の出物を待つと致しましょう(笑)


さて、フォトフレームの更新も終わりましたのであとはホームページの更新かな?
ここの所時期的に証明写真や記念撮影などが多くドタバタしておりましたので時間が有るうちに!?

忙しいといいながらもブログは営業日には必ず更新してしまうきーさんでした! (^^)

飛び込み撮影

いや、決してどこかにきーさんが飛び込んで撮影する訳ではないのですが
↑やりかねませんけどね (^^;

朝から突然のご来店で「写真を撮って欲しい!」との事。

そりゃ勿論お撮りしますが何の撮影でしょう?とお伺いしてみますと
すぐ近くにあるケーキ屋さん「LA FLUR(ラ・フルール)」さんのお菓子を旧竹林院さんで出すにあたり
本日夕方までにチェックを経てPOPを作らなければならないとか!?

えーっと?


撮影 + POPデータ作製ですか!? Σ(◎皿◎ ;

撮影 → 撮影物チェック → 原稿作成 → 原稿チェック → プリント

これを大至急して欲しいとのこと。
ちなみに各チェックは旧竹林院さんに持っていく為に往復都合10分は必要。

特にご予約を頂いていたわけでもないので撮影の打ち合わせから。
写真自体は兎に角シンプルに作製しなくては商品が目立たない。

ならば?
旧竹林院という事は和風。
当店で今現在撮影用として和風のものといえば・・・?
畳マットもありますが青々としていて色味的に寒々しく見えてしまう・・・
とすれば・・・金屏風の金バック?いやいや、ちょっと派手すぎるかも?
では?


IMG_0354.jpg

食欲をそそる赤ということで毛氈(もうせん)を敷いてみました (^^;

ちなみにこのお菓子、穴太衆積みという坂本に伝わる石積みの伝統的な技法をイメージして
チョコレートで石積み模様を表していると言う非常に凝ったお菓子なのでございます♪

写真は御依頼主様的に一発OK。
すぐさまテストプリントをお作りして、それをチェックの為に旧竹林院へ。
こちらも一発OKとの事で戻ってこられましたので原稿の作製へ。

原稿自体は御依頼主様が文言などのラフをお作りでしたのでそれを元に作製。
ただ白地に黒文字の寂しい感じだったので色と背景アレンジを加えまして・・・

menu2.jpg

お写真はもう少しアングルを下げたものに変更し、
秋の季節色と旧竹林院の「竹」をイメージしてデザインしてみました (^^;

ご意向もあり非常にシンプルな作りとなっております (^^;

今し方この出来上がったデザインの仮プリントを持ってチェックに行かれましたが
果たしてどうなることやら!?



当然ですがこの作業が全て終わるまでお昼ご飯はお預けでございます・・・
きっともう少しなので頑張ろう orz


LA FLUR(ラ・フルール)さん → 食べログページ
旧竹林院 → 大津市Webページ
ようこそ!プリQへ!
プロフィール

priq.com

Author:priq.com
滋賀県大津市坂本に
お店を構えて約20年

その間に世間を取り巻く「写真」は随分と変わって参りました。

そんな街の写真屋さん
「プリントQ」が日常の中から
お得な情報やアレコレを
発信していきたいと思います!

記念写真は勿論証明写真、
バイクや小物、模型まで!
何でも撮影いたします!

お問い合わせは・・・
滋賀県大津市坂本7-30-3
TEL 077-578-5661
営業時間9:00~20:00
定休日 第1・3日曜日
※撮影予約有りの場合は営業

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
QRコード
QR
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
リンク
STUDO-Qweb
プリQweb